消化器内科とは

消化器内科は人間の消化器官である食道、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化管や、それらに付随する肝臓、すい臓、胆のうなどの消化器にかかわる病気を内科の立場から専門的に診察し、必要であれば検査なども行ない、治療していきます。

どういった病気を診察するの?

消化器内科は食道炎、胃潰瘍、胃炎、腸炎、肝炎、膵炎などの病気にかかった方が来院されますが、急性、慢性な病気にかかわらず診療いたします。また、食道癌、胃癌、大腸癌、肝臓癌、膵癌などの消化器関わる癌に対しても当院の検査機器にて検査が可能で、早期診断を行ないます。

こんな症状の方はご来院ください。

腹痛、下痢、嘔吐、だるさ、食欲不振、やせ、吐血、血便、黄疸などの症状がある方が消化器内科を受診されるきっかけになっております。
消化器内科の病気は、病気だと思っていない方でも、身体の調子がわるいな…と思って受診されたり、自覚症状はない無症状の方も、消化器内科の病気であることが多いです。


Doctor’s Voice

消化器に関わる病気は健康診断による定期検診にて早期発見し、早期治療をおこなうことで未然に防ぐ事もできます。
当院でも健康診断をおこなう事が可能ですので、ぜひご利用ください。